04/13
2024
Sat
旧暦:3月4日 赤口 丙 
教育・文化 社会・全般
2015年11月25日(水)9:01

スマフツで「ももたろう」/青少年の家

方言の魅力伝える


昔話「ももたろう」を宮古方言で朗読する参加親子=23日、県立宮古青少年の家

昔話「ももたろう」を宮古方言で朗読する参加親子=23日、県立宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家の自主事業「みゃ~く塾」が23日午前、同所であり、8家族14人が宮古方言で昔話の朗読に挑戦した。講師を務めたのはバスガイドの与那覇冴子さん。「島の大切な言葉をいつまでも大切にしよう」と語り掛けた。

 地域の文化に興味・関心を持たせることが狙い。昔話「ももたろう」の台本を使用して方言の奥深さを伝えようと企画した。

 冒頭、同所の安慶田昌宏所長は「方言

講師の与那覇冴子さん

講師の与那覇冴子さん

札」の歴史に触れながら宮古島の方言が今日まで受け継がれてきたことを紹介。「冴子さんの話を聞きながら、お父さんやお母さんと一緒に方言を学んでほしい」と話した。

 この後みんなで朗読を始めた。「ももたろう」の物語を宮古方言で発声。与那覇さんは細かいニュアンスまで巧みに表現し、方言の魅力を余すことなく伝えていた。参加親子は口ごもりながらも一つ一つ宮古方言の習得に努めていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!