09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2015年12月2日(水)9:03

修学旅行生が里帰り/民泊で絆

宮國さん「孫同然の存在」


「孫」のような黒木さん(左)と浅山さん(右)の間で満面の笑みを見せる宮國良子さん=11月29日、城辺下里添

「孫」のような黒木さん(左)と浅山さん(右)の間で満面の笑みを見せる宮國良子さん=11月29日、城辺下里添

 4年前の2月、修学旅行で宮古島を訪れた黒木隆文さん、浅山大地さんが先月29日から当時民泊した宮國良子さん(76)の家に「里帰り」した。3人は再会を喜び合い、食事や農業、ドライブを通して民泊でつないだ絆を確かめ合った。

 当時、兵庫県の三田西陵高校の修学旅行で島を訪れた2人と宮國さんの交流は今日まで続いている。電話で話したり、携帯電話のメール機能を使ってやり取りをしたりして互いの近況を報告しているという。

 4年前の旅行以来、2人の「里帰り」は今回が2度目になる。1度目は13年2月に訪れ、そのときも宮國さん宅で寝泊まりした。

 「宮國さんは、もうぼくたちのおばあちゃんと同じ存在なんです。一緒にいてこんなに安心できる人は他にはいません」。大学生になった2人はこんな風に宮國さんのことを話す。

 宮古島も大好きで、「開放感がある」と評するのは黒木さん。「そんな宮古島で料理がおいしくて優しいおばあちゃんといると幸せな気分になれるんです」と話して目尻を下げた。

 浅山さんも「ゆっくりと時間が流れていく宮古島が大好き。島の人も優しい人ばかり」と絶賛し、宮國さんのことは「自分の祖母と同じ存在。ずっとこの関係を続けたい」と話した。

 2人の言葉に照れ笑いを浮かべる宮國さんは「迎えたときは強く抱きしめたい気持ちだったよ。遠慮したけどね」と笑う。「この子たちは、私にとっても孫同然の存在。機会があれば彼らが住んでいる場所にも行きたい」と話し、「孫」の来島に感謝を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!