12/03
2022
Sat
旧暦:11月10日 友引 庚 
社会・全般
2015年12月22日(火)9:02

照明灯点灯式を実施/伊良部大橋

夜間利用者の安全確保


照明灯が点灯した伊良部大橋=21日、伊良部大橋平良側橋詰め

照明灯が点灯した伊良部大橋=21日、伊良部大橋平良側橋詰め

 夜間の利用者の安全確保のために設置された伊良部大橋道路照明点灯式が21日、伊良部大橋平良側橋詰め広場で行われ、道路照明灯と投光器が点灯し、橋を明るく照らした。平良側は宮古土木事務所の小橋川透所長、伊良部側は同事務所の平良雅彦主幹がスイッチを入れた。

 点灯式で小橋川所長が「早いもので開通から1年が経とうとしている。照明設備の設置が少し遅れ、市民から照明灯が必要との声が寄せられていた。夜間通行の安全性の向上のみならず、橋を照らす姿は新たな観光スポットとなるのではないかと期待している」とあいさつした。

 伊良部大橋の照明灯設置工事の工事費は約8800万円。工事名は伊良部大橋橋梁整備第11期工事で、工期は二つに分かれ、平良側から主航路部手前までが道路照明設置工事その1で来年1月9日まで。その2は、伊良部島側から主航路部を含む部分で、来年1月22日まで。

 照明の光源は地球環境への配慮とラニングコスト軽減のため全てLEDを採用した。橋梁一般部の道路照明灯は、伊良部島に向かって右側に280㍍ごとに、12本設置されている。主航路部と海中道路部には投光器が橋の両側に設置された。

 主航路部の投光器は70㍍おきに6個、海中道路部も設置間隔は70㍍で、数は9個設置されている。投光器は橋の両側に設置されている。

 主航路部はシンプルな形状が引き立つことと構造上、投光照明となった。また、海中道路部分は、ウミガメの生態保全に配慮し、高さ8㍍の照明灯ではなく、海への光漏れが少ない投光照明にした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!