04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2016年2月9日(火)9:04

漁港に大漁旗はためく/佐良浜、池間地区で旧正月

「旧正月」を祝い、晴天の下ではためく大漁旗=8日、佐良浜漁港

「旧正月」を祝い、晴天の下ではためく大漁旗=8日、佐良浜漁港

 旧暦1月1日に当たる「旧正月」の8日、旧暦を重んじる伊良部の佐良浜地区では漁船に鮮やかな大漁旗が掲げられ、向こう1年間の航海安全と大漁を祈願した。

 住民らは、先祖にごちそうを供えて親族で祝ったり、友達同士で盛大に祝杯を上げるなど、新年の喜びを分かち合った。

 この日は佐良浜地区のほかに、平良の池間地区などでも伝統の旧正月を祝った。

 休漁中の各漁船には大漁旗がはためき、旧正月ムードで一色。漁師らは、早朝から船霊(ふなだま)様に神酒や海の幸を供え、旧年中の航海安全などに感謝した。

 このうち、佐良浜地区では、午前中に本家に分家の関係者らが盆にごちそうを乗せて訪れ、そのごちそうを神棚や仏壇に供え、先祖に手を合わせた。

 伊良部大橋開通以前の宮古島に住む伊良部出身者は、定期船の時間を気にしながらの旧正月だった。

 しかし、大橋開通に伴い、昨年から仕事を終えて大橋を渡り、家族や親せきの家で旧正月を満喫する風景が見られている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!