02/01
2023
Wed
旧暦:1月11日 大安 庚 
社会・全般
2016年2月21日(日)9:02

道路に落ちたキビ拾う

JA平良などが徒歩で


道路に落ちているサトウキビや空き缶などを清掃する参加者ら=20日、県道243号線(空港前)

道路に落ちているサトウキビや空き缶などを清掃する参加者ら=20日、県道243号線(空港前)

 JAおきなわ平良支店(新里長清支店長)は20日、平良資材店から沖縄製糖宮古工場までの道路清掃「サトウキビ収集作業」を行った。平良支店から16人、宮古地区本部から4人が参加し、収穫されたサトウキビを運搬するトラックの通り道を清掃した。



 一行は同支店を出発し、空港前の道路(県道243号線)から通称・下地線(国道390号)の約5㌔をおよそ2時間かけて清掃した。


 道路には製糖工場まで搬送される、ハーベスターや手刈りで収穫されたサトウキビがトラックの荷台からこぼれ落ちていた。


 JAおきなわは2014年1月から組合員を対象に「ふれあい訪問」活動として、高齢であったり、移動手段がない組合員のためにJAに対する意見を聞くなどの活動をしている。


 今回は製糖期であることから、自宅は留守がちのところが多いため、社会貢献の一環として道路清掃「サトウキビ収集作業」を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!