04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
教育・文化 社会・全般
2016年2月25日(木)9:03

親族集まり祖先に感謝/旧十六日祭

後世の正月祝う


親族が集まり墓前で手を合わせる伊良部さん一族=23日、久貝墓地団地

親族が集まり墓前で手を合わせる伊良部さん一族=23日、久貝墓地団地

 旧暦1月16日に当たる23日、市内各所の墓地は旧十六日祭(ジュウルクニツ)で墓参する家族連れが多く見られた。先祖の墓前に親族一堂が集まり、皆が元気であることを報告するとともに、今年1年の健康を願った。持参した料理などを墓庭に供え、後世(グソー)の正月を祝った。

 この日は多くの事業所や店舗が終日または午後から休みとなった。この日のために島外などから帰省する人も多く、市内各所の墓地は、多くの供え物を手に訪れた家族連れでにぎわった。

 久貝墓地団地の墓では、先祖の墓をきれいに掃除し、親族がそろうと、後生での金とされている紙銭(カビジン)を焼いたり、墓前に供え物をしたりして、感謝の祈りをささげた。

 沖縄本島からこの日のために里帰りした娘を含む、親族9人で訪れていた伊良部まゆみさん(54)は「2人の新しい孫とお参りに来た。子孫も増えている。今年1年、皆が健康で過ごせますように」と願った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!