04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2016年3月4日(金)9:04

サンゴ分布密度・被度増加/市海中公園環境整備専門委

オニヒトデは1個体のみ確認


委員会では海域のサンゴ回復状況などが報告された=2日、平良港ターミナルビル

委員会では海域のサンゴ回復状況などが報告された=2日、平良港ターミナルビル

 2015年度市海中公園環境整備専門委員会(土屋誠委員長)が2日、平良港ターミナルビルで開かれた。同委員会事務局の市水産課梶原健次課長補佐は、海中公園周辺海域のサンゴ加入・回復経過について、2014年7月から翌15年7月までの調査で、サンゴは分布密度(群体数)、被度ともに増加していることが報告された。また、オニヒトデに関して15年4月17日から16年1月29日の間に行った調査では15年4月17日に10㌢のオニヒトデ1個体のみが確認されたことが報告された。サンゴ食巻き貝は、同公園前では1個体も確認されていない。



 新たに入ったサンゴが減らないようにするための「減耗抑制」として今後、オニヒトデなどの監視駆除、転石や藻類などの除去、サンゴのモニタリングなどを継続的に行う。


 委員会に先立ち、7人の委員に委嘱状が交付され、委員長に琉球大学の土屋誠名誉教授、副委員長に市農林水産部の砂川一弘部長を選任した。任期は2018年3月日まで。


 委員は次の通り。
 委員長=土屋誠(琉球大学名誉教授)▽副委員長=砂川一弘(市農林水産部長)▽委員=鹿熊信一郎(県海洋深層水研究所長)、鈴木豪(西海区水産研究所・亜熱帯研究センター研究員)、豊見山健児(宮古島海業管理センター社長)、新村一広(宮古島マリンリゾート協同組合長)、平良和彦(市観光課長)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!