10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
教育・文化 社会・全般
2016年3月10日(木)9:05

”カツ”でゲン担ぎ/高校入試

手作り弁当で激励/保護者や親戚一堂に


家族や親戚同士で手作り弁当を囲み受験生を励ました昼休み光景=9日、宮高体育館

家族や親戚同士で手作り弁当を囲み受験生を励ました昼休み光景=9日、宮高体育館

 県立高校の入学試験が9日、始まった。宮古地区4高校では、保護者や親戚などが一堂に集まり、手作り弁当で受験生を励ます、宮古ならではの光景が広がった。受験生たちは、愛情たっぷりの弁当と、受験ゲン担ぎの定番「カツ」を使った料理に舌鼓を打ち、気力をみなぎらせていた。

 214人が受験した宮古高校では、雨天のため体育館を開放。重箱や弁当箱、敷物を手にした保護者たちが、午前8時30分ごろから集まり始めた。

 正午すぎに試験終了を告げるチャイムが鳴ると、正門近くまで行き受験生を出迎え。「ちゃんとできた?」「名前や番号は書いた?」などと声を掛けながら、手作り弁当を広げて緊張を和らげた。

 同校を受験した手登根光慶君(狩俣中)は「両親の顔を見るとほっとするが、少し恥ずかしい」と苦笑い。春巻きが大好物と言い「ちゃんと入っている。うれしいです」と笑顔を見せた。

 母親の真知子さん(44)は「自分たちの受験の時も親が弁当を作って励ましてくれた」と当時を振り返り、「あの時よりもきょうの方がドキドキしている」と話した。

 弁当は午前5時に起きて作ったという。合格を祈願したチキンカツと、スタミナがつくようにとホウレンソウなどの野菜もたっぷり。「合格してほしいとの気持ちを込めました」と思いを語った。

 両親や祖母と一緒に弁当を囲んだ根間陽佳さん(狩俣中)は「勝つや合格とかをダジャレにして料理にしたのが面白い。合格してみんなを喜ばせたい」と力強く話した。

 祖母の根間恵子さん(67)は、「天気が悪かったので黒の洋服にしようかなと思ったけれど、少しでも明るくした方が良いと思い赤色にした。孫の気持ちの支えになれればうれしい」と語った。

 手作りサタパンビン、のど飴、マスクも準備。「風邪など引かないように、2日間万全な体調で臨んでほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!