04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
政治・行政 社会・全般
2016年4月2日(土)9:06

新ごみ焼却施設本格稼働/宮古島市

最新技術で公害防止


最大で約1㌧のごみをつかむことができるごみクレーンバケットを担当職員が遠隔操作していた=1日、新ごみ焼却施設

最大で約1㌧のごみをつかむことができるごみクレーンバケットを担当職員が遠隔操作していた=1日、新ごみ焼却施設

 市新ごみ焼却施設(市クリーンセンター、平良西仲宗根)が1日から本格稼働となった。施設内には初日からごみ収集車などがごみを搬入し、大量のごみをごみピット内に投入していた。

 ごみピット内では、ごみを焼却炉に投入する「ごみクレーンバケット」(高さ124㌢、幅311㌢)を担当職員が遠隔操作を行い、持ち込まれたごみを持ち上げて移動させていた。

 新施設は、1日16時間の准連続運転のストーカ方式で、焼却炉2基を設置。最新の技術で公害防止と環境保全を最優先し、安心で安定的なごみ処理を実現した。

 ごみの臭気に配慮した設計で、騒音防止対策も施されているほか自然環境に配慮した施設となっている。また、すべてのごみが建屋内で処理されるため、外部からごみが見えることはなくなった。

 建物は、地下1階、地上5階で、建築面積は焼却棟が2520平方㍍、管理棟が583平方㍍。1日63㌧の処理能力を持つ。建設費は約32億6000万円。

 施設へのごみ搬入時間は午前8時30分~正午までと、午後1時~同5時までとなっている。日曜日は定休。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!