12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
社会・全般
2016年4月3日(日)9:05

結成20年を盛大に祝う/川満棒踊り保存会

活動充実へ新たな決意


川満棒踊り保存会の結成20周年を祝う式典と祝賀会が開かれた=2日、下地川満の公民館

川満棒踊り保存会の結成20周年を祝う式典と祝賀会が開かれた=2日、下地川満の公民館

 川満棒踊り保存会(石嶺隆夫会長)の結成20周年を祝う記念式典と祝賀会が2日午後、下地川満の公民館で開かれた。地域住民多数が参加し、結成20年を祝いながら伝統芸能の保存・継承の誓いを新たにした。

 川満棒踊り保存会は1995年10月14日、川満の若者を中心とする有志20数人で結成された。その後は敬老会や新春行事などの地域行事に参加してきた。97年10月には鹿児島県川内市で開催された九州地区民俗芸能大会に出演。初の県外演舞を成功させている。

 式典で石嶺会長は「川満棒踊りを保存継承し、部落の伝統芸能の発展に寄与してきた」と会を支えた関係者に感謝。その上で「これからも誇りと自信を持って保存活動にまい進する」と話し、保存・継承活動の一層の充実を誓った。

 来賓出席した下地地区地域づくり協議会の川満省三会長は「地域の皆さんの団結のたまものだ」と節目の20年を祝福。「これからも川満棒踊りの継承発展のために頑張ってほしい」と活動の充実を期待した。

 この後、保存会活動を支えた関係者に感謝状や表彰状が授与された。

 式典後の祝宴では川満棒踊りの「2人棒」や「5人棒」が披露された。参加者は大きな拍手を送って継承者の保存活動をたたえた。

 被表彰者は次の通り。

 【感謝状】下地八重子

 【表彰状】松永恵茂▽川満武仁▽川満誠▽川満清次▽川満清光


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!