04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
社会・全般
2016年4月3日(日)9:05

結成20年を盛大に祝う/川満棒踊り保存会

活動充実へ新たな決意


川満棒踊り保存会の結成20周年を祝う式典と祝賀会が開かれた=2日、下地川満の公民館

川満棒踊り保存会の結成20周年を祝う式典と祝賀会が開かれた=2日、下地川満の公民館

 川満棒踊り保存会(石嶺隆夫会長)の結成20周年を祝う記念式典と祝賀会が2日午後、下地川満の公民館で開かれた。地域住民多数が参加し、結成20年を祝いながら伝統芸能の保存・継承の誓いを新たにした。

 川満棒踊り保存会は1995年10月14日、川満の若者を中心とする有志20数人で結成された。その後は敬老会や新春行事などの地域行事に参加してきた。97年10月には鹿児島県川内市で開催された九州地区民俗芸能大会に出演。初の県外演舞を成功させている。

 式典で石嶺会長は「川満棒踊りを保存継承し、部落の伝統芸能の発展に寄与してきた」と会を支えた関係者に感謝。その上で「これからも誇りと自信を持って保存活動にまい進する」と話し、保存・継承活動の一層の充実を誓った。

 来賓出席した下地地区地域づくり協議会の川満省三会長は「地域の皆さんの団結のたまものだ」と節目の20年を祝福。「これからも川満棒踊りの継承発展のために頑張ってほしい」と活動の充実を期待した。

 この後、保存会活動を支えた関係者に感謝状や表彰状が授与された。

 式典後の祝宴では川満棒踊りの「2人棒」や「5人棒」が披露された。参加者は大きな拍手を送って継承者の保存活動をたたえた。

 被表彰者は次の通り。

 【感謝状】下地八重子

 【表彰状】松永恵茂▽川満武仁▽川満誠▽川満清次▽川満清光


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!