04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2016年4月14日(木)9:05

1時間に93・5㍉の猛烈な雨/床上浸水1件

市内各地で道路冠水


冠水した道路で立ち往生する車両も見られた=13日午前8時30分ごろ、平良西里「ばっしらいん」前

冠水した道路で立ち往生する車両も見られた=13日午前8時30分ごろ、平良西里「ばっしらいん」前

 宮古島地方は13日、前線に向かって南から暖湿気が流れ込んだ影響で、大気の状態が不安定になり、所によっては雷を伴う猛烈な雨となった。宮古島地方気象台は、同日午前4時22分に雷注意報、午前6時55分に大雨警報を発表した。14日昼前にかけて、発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意するよう呼び掛けている。

 13日午前0時から午後6時までの各地の降水量は下地島で67・5㍉、平良下里で177・0㍉、城辺新城で49・5㍉、鏡原(宮古空港)154・0㍉(2003年統計開始以降4月としては最多)、多良間仲筋(多良間空港)で73・0㍉を観測した。

 同日午前6時台には1時間に93・5㍉の猛烈な雨が降り、市内各所の道路が冠水した。平良西里で床上浸水1件、床下浸水が3件発生した。

 宮古島署には道路冠水の110番が複数件寄せられ、市消防署は道路冠水、床下浸水で出動した。出動件数は12件だった。

 下地川満にある沈砂地では一時、水があふれて道路に流れ込んだ。近くに住む津嘉山恵勇さん(86)は「台風の時でも、この沈砂地から水があふれることはなかった」と話した。

 また、平良腰原の民家前の道路では、大人の膝下まで漬かった。この民家の主婦は「雨が降るたびに心配する。安心して暮らせるよう、市は道路を改善してもらいたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!