04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2016年5月15日(日)9:04

安心、安全保育に期待/光の園保育園が開園式典

関係者約100人が出席して盛大に行われた開園式典=14日、平良東仲宗根・光の園保育園

関係者約100人が出席して盛大に行われた開園式典=14日、平良東仲宗根・光の園保育園

 「光の園(その)保育園」(伊志嶺勲理事長、下地玲子園長)の開園式典・祝賀会が14日、平良東仲宗根の同園で行われた。行政や保育関係者、地域の人たちなど約100人が出席。子供たちの自立心を育むとともに、地域に根差した安心、安全な保育園に期待した。

 同園の前身、中央保育園は1978年に平良キリスト教会付属として開園した。2016年4月1日からは、社会福祉法人グロリア福祉会光の園保育園として認可され、新たなスタートを切った。現在は0~4歳児までの計61人が通っている。

 式典であいさつした同園の伊志嶺理事長は「神様に守られ、祝福され、光の子供として輝かしい成長を続ける」とした園の名称の由来を紹介。その上で「愛に生きる人間として巣立っていける保育園を心掛けていきたい」と決意を表した。

 来賓祝辞で下地敏彦市長(代読・長濱政治副市長)は、「保育園は豊かな心身の発達や人間性、社会性の形成に重要な役割を果たす」と述べ、市としても待機児童の解消や、子育て支援拠点の整備、良質な保育環境の提供に取り組んでいく考えを示した。

 設計や建築に携わった都一級建築設計事務所の垣花正昭代表、佐平建設の佐平八十男代表に感謝状と記念品が贈呈された。

 引き続き祝賀会が開かれ、園児や園児の祖母、職員らが余興を繰り広げ、幕間には乾杯の音頭で大いに盛り上がった。

 新しい建物は鉄筋コンクリート2階建て。敷地面積714平方㍍、延べ床面積は457平方㍍。

 事業費総額は、県の安心子ども基金事業補助金や市補助などを受け約1億3400万円。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!