04/13
2024
Sat
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2016年6月25日(土)9:03

すべてバリアフリー化

八千代バス 路線バス4台


3台目のノンステップバス(左手前)を導入し、路線バス4台はすべてバリアフリー基準を達成した=24日、八千代バス・タクシー会社

3台目のノンステップバス(左手前)を導入し、路線バス4台はすべてバリアフリー基準を達成した=24日、八千代バス・タクシー会社

 八千代バス・タクシー(砂川能樹社長)はこのほど、同社で3台目となるノンステップバスを導入した。これにより同社の路線バスに使用するバス4台はすべてバリアフリー基準を達成。同車が運行する平良から狩俣、池間方面への路線バスは高齢者や障害者の移動などがスムーズになる。



 路線バスすべてのバリアフリー基準達成について24日、砂川社長は「宮古島市のバリアフリー基本構想の年次目標は平成35年だが、それよりも早く達成できてうれしい。運行路線には高齢者も障害者もいる。すべての車両がバリアフリー化になったので喜んでもらえると思う」と話した。


 同社の路線バス4台は、3台がノンステップバスで1台がリフト付バスとなっている。


 導入されたノンステップバスの特徴は、車いすスペースを原則2脚分以上確保▽車いす利用者が乗車中に利用できる手すりや容易に使用できる押しボタンの設置▽床面は滑りにくい仕上げ-などとなっている。


 砂川社長は「バリアフリー化を目指すのであればできるだけ早い段階からサービスを開始しようと思った。今回、条件に合った車両が見つかったので購入した。利用者がより一層活用しやすい環境にするためにこれからも取り組みたい」と述べた。


 同社は、2014年4月に宮古島で初となるノンステップバスを導入し、路線バスとして運行させ、これまでバリアフリー化を図ってきた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!