12/03
2022
Sat
旧暦:11月10日 友引 庚 
社会・全般
2016年8月15日(月)9:04

最優秀賞に伊良皆さん

多良間シュンカニ大会


大会で受賞した皆さん。左から洲鎌さん、伊良皆さん、外間さんと伊良皆和枝さん=13日、村コミュニティー施設(写真提供・村文化協会)

大会で受賞した皆さん。左から洲鎌さん、伊良皆さん、外間さんと伊良皆和枝さん=13日、村コミュニティー施設(写真提供・村文化協会)

 【多良間】多良間村文化協会主催の第12回多良間シュンカニ大会が13日、同村コミュニティ施設で開催された。島内外から9人が参加し、古くから多良間に伝わる悲哀の別れの歌を、情感豊かに歌い上げた。最優秀賞には伊良皆紀夫さんが選ばれた。



 文化協会の池城三千雄会長は「今回の大会は村内だけでなく、各郷友会へ呼び掛けるとともに、ホームページで募集も行った。多良間村外からの参加が多数を占めている。それぞれのシュンカニを楽しんでください」とあいさつした。


 宮古島からの参加で、初出場の下地秀樹さんは「おばあの古里、多良間島で挑戦してみたい」と応募を決意、思いをこめて多良間ションカニを歌い上げた。


 特別出演で同村の仲間精一さんと譜久村美枝子さんが「多良間シュンカニ」に合わせて踊りを披露し、大会を盛り上げた。同大会へ宮古島から6人、多良間村から3人が出場し情感豊かに「多良間シュンカニ」を歌い上げた。


 多良間シュンカニ大会は1987年に村文化協会が始め、第1回大会は観客200人が来場した。1994年までは毎年開催されていたが、98年の第10回大会を最後に、開催できない状態が続いたが、2011年から再び開催されている。


 多良間シュンカニは最愛の人を見送るウェーンマ(島に駐在した役人の世話などをした女性)の離別の悲しみや夢、希望を歌っている。同大会は多良間村を代表する民謡として村内外に発信して、末永く歌い継がれていくことを目的に開催されている。


 大会の成績は次の通り。(敬称略)
 最優秀賞(ウェーンマ賞)=伊良皆紀夫(宮古島)▽優秀賞(白雲又守姉賞)=外間徳光(多良間)▽努力賞(ぼうずがま賞)=洲鎌由美子(宮古島)▽特別賞=伊良皆和枝(多良間)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!