05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2016年10月6日(木)9:03

パワフルな歌声を披露/高田さん 喜寿記念リサイタル

喜寿記念リサイタルで伸びのあるバリトンを響かせた高田さん=2日、響和楽器2階ホール

喜寿記念リサイタルで伸びのあるバリトンを響かせた高田さん=2日、響和楽器2階ホール

 高田憲さんの喜寿記念リサイタルが2日、響和楽器2階ホールで行われた。ドイツや日本の歌曲、オペラ・モテットなどパワフルな歌声を披露。詰め掛けた約100人の観客は、77歳とは思えない声量に感心しながら聞き入った。

 高田さんは、ベートーベンの「第九」合唱を夢見て、2000年に宮古で唯一の混声合唱団フロイデ合唱団に入団。楽譜がまったく読めなかったため、CDやDVDを何度も聞いて練習してきたという。

 年末には、沖縄本島で行われる「第九」「メサイア」などの合唱に参加。合唱のみでは飽き足らず、オペラのアリアに挑戦しようと「よしの音楽院」でレッスンを受けた。

 今回のリサイタルは、高田さんがこれまで練習してきた成果の集大成で、三浦禄さんのピアノ伴奏に合わせて、シューベルトの「セレナーデ」、石川啄木作詞の「初恋」ほか、オペラ「『フィガロの結婚から』もう飛ぶまいぞ、この蝶々」を伸びのあるバリトンで響かせた。

 最後は「一番好き」という「『椿姫より』プロヴァンスの陸と海」でフィナーレを飾り、アンコールにも応えた。

 「よしの音楽院」に通う島尻千恵子さん、小禄裕子さん、永松和子さんも友情出演し、盛り上げた。

 会場にはテニスや歌仲間、高校時代の教え子たちが駆け付け。高田さんの歌声に静かに聞き入り、終わると盛大な拍手を送るなど、喜寿を迎えた喜びを分かち合った。

 高田さんは「顔見知りの観客が間近にいて、冷や汗ものだった。次は傘寿(80歳)を記念してのリサイタルを開きたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!