04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2016年10月7日(金)9:04

泥を塗って厄払い/島尻でパーントゥ

ムトゥであいさつをするパーントゥ。泥を塗って厄をはらった=6日、平良島尻地区

ムトゥであいさつをするパーントゥ。泥を塗って厄をはらった=6日、平良島尻地区

逃げる住民の「悲鳴」響く


 国指定重要無形民俗文化財の奇祭「平良島尻のパーントゥ」が6日、島尻集落で始まった。つる草を全身に巻き付け、泥を塗った3体の「パーントゥ」が住民や観光客に泥を塗りつけて厄をはらった。夕刻から日が沈むまで、集落内にはパーントゥから逃げ回る人たちの「悲鳴」が響いた。伝統の奇祭はきょう7日まで。



 パーントゥが集落のはずれにある「ウマリガー」から姿を現したのは午後5時すぎ。周辺で待ち構えていた人たちは「来た!」と声を上げ、ゆっくりと歩く3体を見守った。


 近くまで来ると、パーントゥは突然走り出して住民たちを追いかけ回し、全身に泥を塗りたくった。


 集落に入ると、まずはムトゥであいさつをした。地域の先輩たちに泥を塗りながら酒を酌み交わした。


 ムトゥを出ると、パーントゥは大暴れ。集落内を走り回り、老若男女お構いなしに泥を塗りたくった。建物や改築された家の庭にも入って泥を塗った。


 地域住民や集落外から訪れた人たち、観光客の多くは、懸命な表情で逃げまどいながらも伝統行事を満喫している様子。一方で、小さな子どもたちは泣き叫びながらパーントゥの存在そのものに怯えていた。


 毎年家族で訪れている稲垣聖司さんは、1歳の娘の千花ちゃんが「泥を塗られて本当に良かったです」と自身泥だらけの顔の表情を緩めた。「これで今年も元気でいられると思う」と話して喜んでいた。


 パーントゥは、数百年前に島尻の海岸に流れ着いた仮面を男がかぶり、集落内を走り回ったことが始まりとされている。当時の村人たちは、流れ着いた仮面が海のかなたから訪れた来訪神として崇拝した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!