02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2017年1月15日(日)9:04

カラフルな雄オシドリ飛来/市内貯水池

カラフルな水鳥のオシドリ=14日、市内の貯水池(撮影・伊良部彌記者)

カラフルな水鳥のオシドリ=14日、市内の貯水池(撮影・伊良部彌記者)

 日本産の野鳥では日本一カラフルな水鳥とされるオシドリ(カモ科)5羽が14日、市内の貯水池で確認された。雄4羽と雌1羽が仲良く行動していた。宮古では、冬鳥として飛来する。

 雄の成鳥は冬の間、羽や体表の色合いが目が覚めるほど美しく変化する。オシドリの求愛は冬とされ、そのために雄は美しい。

 雄の体後方のオレンジ色の羽は植物のイチョウ(銀杏)の葉の形に似ていることから、イチョウ羽と呼ばれる。この羽を使って求愛活動をするという。雌は全身が灰褐色で、くちばしは灰黒色。成鳥は体長45㌢。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!