04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2017年3月3日(金)9:02

はっぴ姿で「火の用心」/伊良部地区

少年防火クラブ パレードで意識促す


拍子木を打ち鳴らしながら防火を呼び掛ける市幼年・少年防火クラブ員たち=2日、伊良部南区

拍子木を打ち鳴らしながら防火を呼び掛ける市幼年・少年防火クラブ員たち=2日、伊良部南区

 2017年春季全国火災予防運動(1~7日)にちなみ、市消防本部(来間克消防長)は2日、伊良部南区にある伊良部保育所(川満直美所長)の市幼年・少年防火クラブによる防火パレードを実施した。はっぴ姿の園児40人は、拍子木(ひょうしぎ)を打ち鳴らしながら「戸締まり用心、火の用心」と防火を呼び掛けた。住民の防火意識の高揚を図った。

 同保育所は今年度、同クラブに新加入した。12番目の加入。保育所で活動するクラブ員たちは真新しいはっぴを着て参加した。

 JAおきなわ伊良部支店の構内で出発式は行われた。同本部警防課の新里栄作課長補佐は「初めての防火パレードなので、火の大切さと怖さを地域住民に訴え、火の用心を伝えてください」と励ました。

 川満所長は「大きな声で火の用心を伝えましょう」と激励し、防火パレードに向けて出発。消防職員らが「戸締まり用心 火の用心」と書かれた横断幕を持ってパレードを先導。子供たちは2列になって道路の左側を行進し、拍子木を打ち鳴らし防火をアピールした。

 国仲交差点のそばにある女性若者等活動促進施設前にゴール。

 同警防課の羽地淳課長が子供たちの活躍をたたえ、記念品をプレゼントした。

 同運動の全国統一防火標語は「消しましょう その火その時 その場所で」。重点目標は▽住宅防火対策の推進▽乾燥時および強風時の火災発生防止対策ーなどの7項目。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!