04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2017年3月14日(火)9:02

ニンジンなど110㌔寄贈/あたらす市場

貧困家庭子どもの食事に活用


下地店長(右)が取れ立てのニンジンなどを宮國さんに手渡した=12日、ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

下地店長(右)が取れ立てのニンジンなどを宮國さんに手渡した=12日、ファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」

 地域貢献の一環として、JAおきなわのファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」(下地隆弘店長)は12日、経済的に困窮する家庭の子どもを支援する福祉サービス施設「ビザライ」(勝連聖史代表)に取れ立てのニンジンなど約110㌔を寄贈した。今後同社が運営する子ども食堂「みゃーくがに」で食材を活用し、毎週土・日曜日の正午から午後2時の間、貧困世帯の子どもたちに食事を提供する。

 贈呈式で、下地店長は「昨年10月、親子農業体験学習を行った。ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、トウガンが大きく育ったので、きょうは収穫したばかりの新鮮な野菜を贈ることにした。子ども食堂に役立てください」と贈った。

 子ども食堂「みゃーくがに」の責任者、宮國寛次さんは「よく使う食材ばかりいただき、とても感謝している。おいしい料理を作り、子供たちに提供したい」と感謝の意を表した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!