04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
社会・全般
2017年5月2日(火)9:02

余興やご馳走で楽しませる/多良間郷友会「長寿祝い」

70歳以上のお年寄りの健康を祝して開かれた「長寿祝い」=4月30日、荷川取公民館

70歳以上のお年寄りの健康を祝して開かれた「長寿祝い」=4月30日、荷川取公民館

 在宮古多良間郷友会(村山久雄会長)は4月30日、平良荷川取公民館で、70歳以上のお年寄りを招き、健康を祝福する「長寿祝い」を開催した。郷友会の基礎を築いたお年寄りたちを労うとともに、今後とも郷友の発展を見守ってほしいとの期待を込めて、余興やご馳走で楽しませた。

 最年長は93歳、新しく敬老会の仲間入りをしたのは7人。

 村山会長はあいさつで「これまで培った豊富な知識と経験を子や孫に引き継ぎ、がんずう(健康)で心豊かな人生を楽しんでください」と呼び掛けた。

 伊良皆光夫多良間村長も駆け付けて、久々に再会するお年寄りを前に「サトウキビや畜産など、村の農業生産額は16億円を突破した。多良間は頑張っている」と紹介した。

 また、下地敏彦市長(代読・長濱政治副市長)が祝辞を述べた。

 下地朝子さん、池村広子さんによる「とうがにあやぐ」で幕開けしたプログラムでは、「多良間シュンカニ」などふるさとの踊りが舞台を彩った。

 新しく敬老会入りしたのは仲宗根玄雅さん、上地宏市さん、渡久山英市さん、大城元さん、外間憲一さん、山城春勝さん、上原マサ子さん。

 長寿祝いの前には、2017年度定期総会が開かれ、同年度事業計画や一般会計収支予算案などを原案通り承認した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!