04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2017年5月4日(木)9:01

観光客増加で混雑/スーパー食堂など

市民生活に支障も

 クルーズ船の寄港増だけでなく、航空路線本土直行便の増便や、那覇-宮古線への従来機より座席数の多い機材の導入などで宮古島では国内外からの観光客数が増加していて、それに伴う混雑により買い物や食事など一部で市民生活に支障を来したり、観光地などではごみの増加なども見られようになっている。

 海外クルーズ船乗客の多くが買い物に訪れるスーパーなどでは寄港時間帯、店内は混雑し、レジの順番を待つ長い列ができる。あるスーパーの店長によると「地元の人から混雑していて行きづらいとの声があったのでクルーズ船入港時には全てのレジを稼働させているが、それでも列ができる。文化の違いもあると思うが、店内で買った商品をその場で食べたり、トイレにいろいろなものを捨てたりとマナーが良くない。たばこの吸い殻をごみ箱に捨てぼやになったこともある。買い物に来てもらえるのはありがたいが、マナー面で地元の人に迷惑を掛けている」と話す。

 昼食時に観光客で混雑する食堂も多く、店の外に列を作って待つ人が出る店も見られるなど、市民が昼休み時間に昼食を取ることが難しい店もある。観光客に人気の食堂の店員に話を聞くと「混雑時に多いのは観光客。外国人観光客もいるが本土からの人が多い。混む時間帯はその日によるが、特に混み合う日は昼から夜までずっと忙しい時もある。地元の人は並んで待ったりしないので、食べに行きたくても入れないと言われることがある」という。

 観光地などではポイ捨てされたとみられるごみが多く目に付くケースも。中国で買って宮古島へ持ち込まれたであろう中国語が表記されたペットボトルが西平安名崎で多数捨てられていたこともあった。市観光課では「ごみを処理するのは市。下船前に乗客へごみのポイ捨てなどをしないよう注意を呼び掛けてほしいと船会社や旅行代理店へ要請している。国内観光客に不快感を与えては良くないので捨てられたごみを見つければその都度、回収するようにしている」と語る。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!