02/27
2024
Tue
旧暦:1月18日 赤口 辛 
社会・全般
2017年5月7日(日)9:07

「ヒヤヤッカヤッカ」島に響く/神酒を回し飲み

豊年に感謝「スツウプナカ」/多良間島


「ヒヤヤッカヤッカヤッカ」とはやしながら角皿で神酒を回し飲んだ=5日深夜、多良間村・パイジュニの祭場

「ヒヤヤッカヤッカヤッカ」とはやしながら角皿で神酒を回し飲んだ=5日深夜、多良間村・パイジュニの祭場

 【多良間】多良間村の伝統行事「スツウプナカ」は、5日深夜、四つの祭場で暁願いが行われ、男性たちの「ヒヤヤッカヤッカヤッカ」のはやしが、夜の島に響いた。参加者らは角皿(つのざら)で神酒を回し飲み、多良間世を盛大に祝い、島は祭り一色に染まった。



 祭り本番となる6日は、正午すぎからナガシガーを皮切りに、ツカサら招待客が、それぞれの祭場を回った。多良間の八月踊りと並ぶ島最大の行事の一つで、1983年に村の無形民俗文化財に指定された。


 5日午後9時分すぎ、ブシャ座で作られた神酒と、暁願いに必要な供え物が老座に運ばれ準備が進んだ。パイジュニの中老たちが洞窟近くのフシャドゥガー(井戸)近くに降り、神酒などを供えた。


 その後、それぞれの祭場に移動し、神歌を唱和した。同日深夜、各祭場では青年たちが、神酒が入った角皿を盆に載せ、ゆっくりとゆらしながら「ヒヤ、ヤッカヤッカヤッカヤッカ」とはやしながら神酒を回し飲んだ。


 祭場はパイジュニ、ナガシガァー、フダヤー、アレーキの4カ所で、それぞれに役割の座があり、60代以上の老人座、50代の中老座を中心とした祭祀運営を司る幹人座、供え物など料理をするクバン座、祭祀用の魚類を獲るイム(海)座で構成される。


 この祭祀は多良間島、水納島の貴重な文化遺産として受け継がれているが、その起源は不明という。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!