05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2017年9月18日(月)9:05

郷友らの健康長寿祝う

在沖久松郷友会敬老会


敬老者の健康と長寿を祝い乾杯する郷友=17日、那覇市のパシフィックホテル沖縄

敬老者の健康と長寿を祝い乾杯する郷友=17日、那覇市のパシフィックホテル沖縄

 【那覇支社】在沖久松郷友会(渡真利久信会長)の2017年度敬老会が17日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で催され、郷友や関係者ら約500人が集い、敬老者の健康と長寿を祝った。



 渡真利会長は「これまでの経験を生かして、社会活動や趣味などで明るく楽しい人生を過ごしてほしい。めでたく古希を迎えた新敬老者も、健康で活力ある生活を送ってほしい」とあいさつした。


 会場では、最高齢で105歳の砂川正二郎さんら100歳以上の長寿者5人が紹介され、代理で出席した家族に祝い金が贈呈された。


 今年で古希(70歳)を迎える1948(昭和23)年生の新敬老者47人も紹介され、代表して渡真利敏明さんが「敬老者の仲間に拍手で迎え入れてもらい感謝したい。豊富な経験を積んだ先輩方から、人生の教訓などを教わりながら、今後も頑張っていきたい」と意気込みを述べた。


 沖縄宮古郷友連合会の福里栄記会長、父親が久松出身の川上康・琉球銀行頭取が祝辞を述べ、元校長の仲程恵信さんの音頭で乾杯した。


 舞台は、女性部による「とうがにあやぐ」「大世栄」で幕が開けた。生年別の男女がフラダンスやがんずう体操で敬老会を盛り上げた。にぎやかな「うりずんの歌」「アグが花・ドゥスが花」などの踊りも披露され、会場は和やかな雰囲気に包まれた。


 フィナーレは参加者全員で、ふるさとの野崎クイチャーを踊り、来年の再会を誓い合った。


 郷友会の敬老会は1963(昭和38)年に始まり、今年で55回目を迎える。70歳以上の敬老者は今回の47人を含め805人となる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!