04/13
2024
Sat
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2017年9月18日(月)9:03

叙勲受章を盛大に祝う/上区自治会

喜屋武さんの功績たたえる


旭日単光章を受章し地域から祝福を受けた喜屋武盛吉さん(右)=16日、上区公民館

旭日単光章を受章し地域から祝福を受けた喜屋武盛吉さん(右)=16日、上区公民館

 喜屋武盛吉さんの叙勲受章を祝う会が16日午後、城辺の上区で開かれた。多数の地域住民らが参加して喜屋武さんを祝福し、さらなる活躍に期待を込めた。



 喜屋武さんは1929年生まれの88歳。66年の旧城辺町議選で初当選、以来5期9カ月務めた。89年には同町収入役に就任した。


 これらの地域貢献が認められ、このほど旭日単光章を受章している。


 祝賀会は、與那覇巌さんや松川光雄さん、野崎達男さん、池原功さんが発起人となって開いた。


 主催者を代表して與那覇さんが「喜屋武盛吉先輩は大変若々しく、青年にも負けないほど元気だ。議員を長く務めた後は老人クラブの役員として各地で活躍している」と喜屋武さんの功績をたたえ、「ますます元気で後輩の指導に当たってほしい」と述べた。


 下地明市議は乾杯の音頭を取り「喜屋武さんの功績は素晴らしい。長く議員を務められ、今もしっかりと健康を維持している。喜屋武さんのような人は他にはいない」と述べ、参加者とともに祝杯を上げた。


 記念品や花束の贈呈を受けて喜屋武さんは「今回の叙勲は、皆さん一人一人の協力のおかげ。心ある皆さんの力が大きい。ありがたいという気持ちを私は決して忘れることはない」と参加者に感謝を込めた。


 その上で「今回の叙勲受章を機に、ますます社会のために頑張っていきたいと思う」と決意した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!