04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2017年10月5日(木)9:04

「シーシャーガウガウ」/十五夜で厄払い

子供らがかわいい踊り


「シーシャガウガウ商売繁盛」と言いながら踊りを披露する子供たち=4日夕、平良西里

「シーシャガウガウ商売繁盛」と言いながら踊りを披露する子供たち=4日夕、平良西里

 「十五夜」(旧暦8月15日)の4日夕、平良地区では子どもたちが手作りの獅子で踊る「シーシャガウガウ」の光景があちこちで見られた。踊りながら厄払いをして、小銭や菓子をもらう十五夜恒例の行事に、観光客も「かわいい」と大喜びだった。

 個性豊かなシーシャをかぶり、鳴り物を手に「シーシャーガウガウ、商売繁盛」などと口々に叫んで、家々や事業所などを回り即席の踊りを披露。踊り終わると獅子の口をぱっくりと開けて褒美をねだった。

 北小バスケ部のメンバー5人は、午後6時すぎから西里通りなど市内目抜き通りを練り歩いた。

 シーシャの目は空き缶、鼻はペットボトルのふたなどを利用。牙も付けて勇ましくした。

 渡口藍さん(6年)は「もらったお金で友達の誕生日プレゼントを買いたい」、下地由菜さん、根間蒼葉さん(共に6年)は「目標は5000円。みんなで分けます」と笑顔だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!