04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2017年11月4日(土)9:05

クイチャーで豊作豊漁祈願/池間、佐良浜、西原で

そろいの法被を着てクイチャーを力強く踊る男性ら=3日、池間島水浜広場(写真上)法被姿で豪快に踊りミャークヅツを盛り上げる前里添のミーウヤ=3日、伊良部佐良浜(写真中)勇ましく踊る池間添のミーウヤ。ミャークヅツを受け継ぐ決意を踊りに込めた=3日、伊良部佐良浜(写真下)

そろいの法被を着てクイチャーを力強く踊る男性ら=3日、池間島水浜広場(写真上)法被姿で豪快に踊りミャークヅツを盛り上げる前里添のミーウヤ=3日、伊良部佐良浜(写真中)勇ましく踊る池間添のミーウヤ。ミャークヅツを受け継ぐ決意を踊りに込めた=3日、伊良部佐良浜(写真下)

伝統のミャークヅツ開幕/きょう西原でパレード


 平良池間、伊良部佐良浜、平良西原の伝統祭祀(さいし)である「ミャークヅツ」が3日から始まった。池間と西原では3日間、佐良浜では4日間にわたって行われる。初日は池間と佐良浜の池間添、前里添で住民がクイチャーを奉納し向こう1年の豊作豊漁など祈願した。きょう4日には西原でパレードやクイチャー奉納が盛大に行われる。



 ミャークヅツは池間民族の元島・池間島と同島から分村した佐良浜、西原で旧暦8月か9月の最初の甲午(きのえうま)の日から行われるもので、旧年中の五穀豊穣(ほうじょう)と大漁に感謝し、向こう1年間の豊作、豊漁を祈願する。


◆池間


 池間島では初日、真謝、上げ桝、前ぬ屋、前里の四つのムトゥ(元)家に数え年で55歳以上の男性が集まりミャークヅツの開会を宣言するとともに、今年から新たに入会した1963年生まれの会員が自己紹介を行った。今年は四つのムトゥに合計で22人が仲間入りした。


 クイチャーの奉納は午後4時ごろから水浜広場で行われた。ツカサンマらが輪を作って神歌を唱和し、扇で広場を清めた後、そろいの法被を着た男性陣が入場。大きな輪を作り、曲に合わせて力強いクイチャーを踊った。


 今年、前里ムトゥに新入会した、現在は大分県在住の松川真さんは「ミャークヅツへの仲間入りは昔から指折り数えていたが、まだ実感は湧いていない。先輩の足を引っ張ることのないよう勉強するとともに、3日間を精いっぱい楽しみたい」と語った。


◆佐良浜


 伊良部佐良浜地区のミャークヅツは池間添、前里添で行われた。午後4時30分ごろから「ミーウヤ」と呼ばれる男性らが佐良浜のクイチャーを踊り、五穀豊穣と島の発展を祈願した。


 池間添は数え47歳がミーウヤと呼ばれる。頭に白いタオルを巻き、えんじ色のポロシャツ姿で踊った。


 それぞれ地面を力強く蹴り上げ、両手を頭上にかざしながら豪快に乱舞。「ヒヤサッサ!」の掛け声を集落内に響かせて伝統のミャークヅツを盛り上げた。


 一方、前里添のミーウヤは数え50歳。頭にタオルを巻くスタイルは池間添と同じだが、法被を着るのが前里添のスタイルだ。


 黄色の法被をまとったミーウヤは大きな掛け声とともに跳び上がり、手をたたいて「ヒヤサッサ」。誇りを胸に堂々と踊った。


 池間添のミーウヤ・大浦正紀さんは東京都からの参加。ミャークヅツのために帰郷した。誰よりも高く跳び上がった大浦さんは「まだまだ跳んで、ますます飛躍したい」と笑顔。「伝統の祭りを後輩にしっかり引き継ぎたい」と話した。


 前里添のミーウヤ・漢那憲幸さんは神奈川県から参加した。久々のクイチャーだったが、「小さな頃から踊ってきたのでしっかり覚えている。伝統をつなぎたい」と決意を話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!