04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2018年1月5日(金)8:55

元旦ベビーが産声/友利さん夫婦第3子

「元気で素直な子に」


お母さんの美咲さん(右)に抱かれて眠る元旦ベビーの泰仁くんと友利さんファミリー=4日、奥平産婦人科医院

お母さんの美咲さん(右)に抱かれて眠る元旦ベビーの泰仁くんと友利さんファミリー=4日、奥平産婦人科医院

 奥平産婦人科医院で1日、友利和徳さんと美咲さんの第3子が元気な産声を上げた。2018年の元旦ベビーは、鼻筋の通ったりりしい顔立ちで名前は「泰仁(やすひと)」に決まった。

 美咲さんは大みそかに年越しソバを食べた後、午後9時ごろに破水。今月1日の午前3時26分に、2884㌘で生まれた泰仁くんの産声を聞いた。

 長野県出身の美咲さんは「予定日は1月10日だった。まさか大みそかに破水するとは思わなかったのでびっくりした。でも、元旦に生まれて、みんなからは『ダブルでおめでとうだね』と言われてうれしかった。素直で優しい子に育ってくくれればうれしい」と笑顔になった。

 城辺出身の和徳さんは「正月に生まれてくれて良かったと思っている。兄弟仲良く活発な子に育ってくれればうれしい」と第3子誕生を喜んだ。

 長男の晃悠くん(7)、二男の尚誠くん(5)は弟の誕生に「めちゃくちゃかわいい。ずっと見ていられる」と大喜びで、今から3人で駆け回る日々に思いをはせている。

 家族5人での生活がこれから始まることについて、和徳さんと美咲さんは「今でも十分ににぎやかだが、さらににぎやかになって、もっと楽しい家族になると思う」と3人の子供たちの健やかな成長を願った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!