04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2018年1月16日(火)8:55

「池間行進曲」を合唱/池間島でサンシンの集い

全員で楽しそうに「池間行進曲」を合唱した=14日、池間島離島振興総合センター

全員で楽しそうに「池間行進曲」を合唱した=14日、池間島離島振興総合センター

 第3回池間島歌って踊ってサンシンの集い(主催・池間島サンシン集いの会)が14日、池間島離島振興総合センターで開催された。地域挙げての20演目に延べ100人以上が出演。池間生きいき教室の女性たちが平良出身の池間昌増(しょうぞう)が作詞した「池間行進曲」を合唱し、舞台と会場は元気いっぱいの歌声に包まれていた。

 舞台の幕開けは民謡「池間の主」に合わせた踊りで飾った。踊り、三線、唄、太鼓の演出で行われ、観客らは大きな拍手を送っていた。

 「正月あやぐ」「あんまーがまんのオリオンビール」「池間島音頭」「池間みやらび」と続いた。

 生きいき教室は70歳以上の高齢者22人が利用し、平均年齢83・5歳。おしゃれな衣裳で舞台に上がり、四つ竹を鳴らしながら青春時代にはやった「池間行進曲」を元気はつらつと合唱した。

 最後は「唐船ドーイ」でカチャーシーを踊り締めくくった。

 池間昌増は1925(大正14)年3月31日発令で、池間小学校の訓導として赴任、27(昭和2)年3月31日まで在職した。在職中に「池間行進曲」は作られ、地元では90年余の歳月で歌い継がれている。その後昌増は来間小学校校長に昇任。のちに平良町収入役・助役などの要職を務めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!