04/23
2024
Tue
旧暦:3月14日 仏滅 丙 
社会・全般
2018年3月9日(金)8:57

初のイチゴ摘み取り体験/栽培農家の平良繁和さん

イチゴ摘み取り後、記念撮影に応じる平良さん(後列右端)と子供たち=8日、上野野原

イチゴ摘み取り後、記念撮影に応じる平良さん(後列右端)と子供たち=8日、上野野原

上野小3年を招待
 

 

上野野原でイチゴを栽培する平良繁和さん(51)は8日、上野小学校(砂川芳広校長)の3年生20人を招待し、ビニールハウス内で初めてイチゴ摘み取り体験を実施した。子供たちは真っ赤に熟したイチゴの甘い香りが漂う中、1人1個ずつ摘み取って口に運び、「こんなおいしいイチゴを食べたのは初めて」と歓声を上げていた。
 

 平良さんのキャッチフレーズは「たいらさんちの農業体験」。イチゴの品種は「トチオトメ」。2年前に試験栽培に着手し、今年で2年目を迎える。試行錯誤を繰り返し、来年以降から本格的な栽培を展開する。
 

 イチゴの収穫期は3~5月。1棟のハウス内で実が真っ赤に熟し始めたことから、子供たちを招待した。全員がハウスに入ると、思わず「甘い香りがする」と笑顔で語った。
 

 今回はイチゴの実がまだ少ないことから、1人1個に限定。子供たちは新鮮なもぎたての味を堪能し満面の笑み。
 友利天(そら)君は「ものすごくおいしかった」と声を弾ませた。
 

 平良さんは「子供たちがとても喜んでいるのでうれしい」と感無量の表情で話した。
 

 平良さんは2011年、20年住んでいた東京から故里に戻った。農業に従事して6年。「宮古では高級品種のイチゴは取れないと思っている人が多い。これから宮古でも収穫できるということを証明したい」と情熱を燃やしている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!