05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2018年4月5日(木)8:57

日本一小さいクサゼミ

早くも「ジージー」
 

葉にしがみついて鳴くイワサキクサゼミ=4日、平良(伊良波彌撮影)

葉にしがみついて鳴くイワサキクサゼミ=4日、平良(伊良波彌撮影)

 イワサキクサゼミが4日、平良北部地域の草むらで「ジージー」と体を震わせながら鳴いているのが確認された。セミの仲間では日本で最も小さいセミ。宮古ではさわやかな春の季節を迎える。
 


 この日は、多良間村仲筋で午後0時44分に26・4度の最高気温を観測。4月下旬並みの気温。宮古空港(鏡原)では最低気温19・4度を記録した。
 

 セミの腹部はオレンジ色で、羽の脈は緑色。全長2㌢ほど。
 

 4日午前に確認されたイワサキクサゼミは2匹で、葉の上で腹部を持ち上げ「ジージー」と鳴いていた。
 

 沖縄本島の一部地域、久高島、宮古・八重山に分布する。
 

 きょう5日は二十四節気の「清明(せいめい)」。春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」を略したもの。沖縄本島などでは「清明祭(シーミー)」と言い、先祖の墓に親戚が集まり、酒や重箱に詰めた料理を供えて供養する習慣がある。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!