10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2018年4月11日(水)8:56

友利、砂川さん/消防士の第一歩

県消防学校入校式
 

県消防学校に入校した友利周作さん(右)と砂川泰基さん=10日

県消防学校に入校した友利周作さん(右)と砂川泰基さん=10日

 【那覇支社】県消防学校第50期初任教育の入校式が10日、中城村の同校体育館で行われた。宮古島市消防本部の友利周作さん(25)や砂川泰基さん(22)ら、県内15の消防局・消防本部に今春採用された18~28歳の54人が、消防士としての第一歩を踏み出した。 
 


 式では一人一人の名前が読み上げられた後、入校生を代表して、米須一斗さん(23)=比謝川行政事務組合ニライ消防本部=が力強く宣誓した。
 

 入校生は寮生活をしながら、消防活動に必要な知識や技術を身に付けるため、9月まで厳しい教育訓練に臨むことになる。
 

 安里尚司校長は式辞で「厳しい訓練の連続だが、みんなで一致団結して、どんな困難にあっても、ひるまない、挫けない不撓不屈の精神で乗り越えてほしい」と激励した。
 

 来賓の翁長雄志知事(代読・謝花喜一郎副知事)は「沖縄の安全安心を担う消防組織を支える一員として、住民の期待と信頼に応える消防職員となるよう期待したい」とあいさつした。
 

 入校式を終えて、友利さんは「消防の知識や技術はもちろん、気力や体力をしっかり持った消防士になりたい」、砂川さんは「これから半年間は厳しい訓練が続くが、同期のみんなと笑って卒業できるように頑張りたい」と、それぞれ意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!