05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2018年4月11日(水)8:56

友利、砂川さん/消防士の第一歩

県消防学校入校式
 

県消防学校に入校した友利周作さん(右)と砂川泰基さん=10日

県消防学校に入校した友利周作さん(右)と砂川泰基さん=10日

 【那覇支社】県消防学校第50期初任教育の入校式が10日、中城村の同校体育館で行われた。宮古島市消防本部の友利周作さん(25)や砂川泰基さん(22)ら、県内15の消防局・消防本部に今春採用された18~28歳の54人が、消防士としての第一歩を踏み出した。 
 


 式では一人一人の名前が読み上げられた後、入校生を代表して、米須一斗さん(23)=比謝川行政事務組合ニライ消防本部=が力強く宣誓した。
 

 入校生は寮生活をしながら、消防活動に必要な知識や技術を身に付けるため、9月まで厳しい教育訓練に臨むことになる。
 

 安里尚司校長は式辞で「厳しい訓練の連続だが、みんなで一致団結して、どんな困難にあっても、ひるまない、挫けない不撓不屈の精神で乗り越えてほしい」と激励した。
 

 来賓の翁長雄志知事(代読・謝花喜一郎副知事)は「沖縄の安全安心を担う消防組織を支える一員として、住民の期待と信頼に応える消防職員となるよう期待したい」とあいさつした。
 

 入校式を終えて、友利さんは「消防の知識や技術はもちろん、気力や体力をしっかり持った消防士になりたい」、砂川さんは「これから半年間は厳しい訓練が続くが、同期のみんなと笑って卒業できるように頑張りたい」と、それぞれ意気込みを語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!