02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2018年4月15日(日)8:55

春を告げる鳥、ヤツガシラ飛来/平良狩俣

羽を休めるヤツガシラ=11日、狩俣地区(伊良波彌撮影)

羽を休めるヤツガシラ=11日、狩俣地区(伊良波彌撮影)

 春を告げるヤツガシラ(ヤツガシラ科)がこのほど、平良狩俣地区で確認された。世界で一科一種の珍鳥。

 ヤツガシラは東南アジアなどで冬を過ごし、中国などで繁殖する。毎年春・秋の渡り時期には宮古島に立ち寄る常連の旅鳥。

 雌雄ほぼ同じ色。黒くて細長いくちばしは下に曲がっている。頭部や背、胸は橙褐色。翼と尾の黒褐色と白色の模様が目立つ。成鳥は全長28㌢。

 頭の冠羽は通常は閉じている。急に驚いたり緊張したり、降り立った時には冠羽は扇状に開く。その時の姿は凜々しい。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!