05/28
2024
Tue
旧暦:4月20日 大安 辛 
社会・全般
2018年4月19日(木)8:58

海の恵みに感謝/市民らサニツを満喫

タコ捕り名人の喜久川さんは手作り銛でタコを捕獲した=18日、下地島のサンゴ礁

タコ捕り名人の喜久川さんは手作り銛でタコを捕獲した=18日、下地島のサンゴ礁

 宮古の伝統行事「サニツ(浜下り)」に当たる旧暦3月3日の18日、各地の海岸のサンゴ礁では多くの市民が思い思いに潮干狩りを満喫した。このうち、伊良部のサンゴ礁では市民らが漁具でタコを捕獲し、素手でアワビやサザエを取り、釣りでアイゴなどをゲットするなど、海の恵みに歓声を上げ感謝していた。

 この日の宮古島は晴れで、日中の最高気温は23度を超えた。北東の風が風速7㍍前後で吹き渡り、絶好の潮干狩り日和。

 伊良部島・下地島の周辺の干上がったサンゴ礁には、住民らが訪れ潮干狩りでにぎわった。 

 佐良浜地区に住む喜久川博さん(77)は地域のタコ捕り名人。サンゴ礁の上でタコの巣穴を見つけると、手作りの銛でタコを捕獲した。

 喜久川さんは「家に帰ったらタコ料理を作り、亡妻に供え、いつも見守ってくれていることに感謝したい」と語った。

 その上で「17日はタコ6匹を捕った。5匹は7000円で売りさばき、残り1匹は孫にプレゼントした」と笑顔で話した。

 伊良部南区の渡久山淳さん(60)は、サンゴ礁の表面で良型サイズのアワビ2個を見つけ素早く取った。

 渡久山さんは「アワビは逃げるのが速いから、急いで取る。サザエは20個以上取ってあるから家族が喜ぶ」と満面の笑み。

 同じく喜久川和雄さん(58)は、サンゴ礁の端っこで釣りざおを振った。手応えの強い良型アイゴを立て続けに釣り上げた。

 和雄さんは「アイゴはおいしい魚だ。家族でアイゴ料理を味わいながらサニツを楽しみたい」と計画を立てていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!