02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2018年5月31日(木)8:55

土壌保全にリュウノヒゲ/城辺長間

「保全の日」で植え付け作業


炎天下、リュウノヒゲを植栽する参加者ら=30日、城辺長間地区

炎天下、リュウノヒゲを植栽する参加者ら=30日、城辺長間地区

 「次代へ残そう農地の恵み」をスローガンにした「土壌保全の日」関連行事(宮古地域農林水産業推進会議主催)が30日、城辺長間で行われた。生産農家や関係機関から約100人が参加。土壌の流出防止を図ろうと、リュウノヒゲ1000本を畑と農道の境界付近に植え、土壌保全の重要性をアピールした。


 県では、毎年5月の第3月曜日から30日間を「土壌保全月間」、6月の第1水曜日を「土壌保全の日」に定め、啓発普及活動に取り組んでいる。

 開始式で県宮古農林水産振興センターの大村学所長は、土壌保全の日の目的を強調した上で「作物を育てる土壌は、生産農家が苦労してつくり上げたもの。雨が降り農地から土壌が海域に流れると、観光にも支障が出る」と話し「リュウノヒゲが百%活着するよう心を込めて植えてほしい」と呼び掛けた。

 この後、参加者らは横一列になって、約20㌢間隔で畑の端にリュウノヒゲを植え付け、農家個々の意識の啓発と高揚を図った。

 植栽作業には県や市、多良間村の行政機関のほか、JA、製糖工場、森林組合、土地改良区など関係する団体と生産農家が参加した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!