02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
社会・全般
2018年6月26日(火)8:55

建設期成会が発足/狩俣ユームトゥ

設立総会で計画など確認


ムトゥ建設に向け発足した期成会の設立総会=24日、狩俣集落センター

ムトゥ建設に向け発足した期成会の設立総会=24日、狩俣集落センター

 「狩俣ユームトゥ建設期成会」の設立総会が24日、狩俣集落センター行われ、会則案、建設事業資金計画案、建設スケジュール案、役員案について審議し可決。会長には狩俣定弘さんが就任した。

 あいさつで狩俣会長は「未来の子孫のためにもムトゥの新築および改築事業がスムーズに進むよう活発な意見を出してほしい」と呼び掛けた。

 狩俣地区の祭祀(さいし)行事は、ムトゥの建物が中心だが、現在はそれが老朽化し、危険な状況となっている。

 そうした中、四つの各ムトゥ(ウプグフ、ナーマ、シダティ、ナーンミ)に所属しているファーマー(氏子)が集まり、時代に合わせた祭祀行事の再興を目指して「狩俣ユームトゥ(四元)ファーマー連絡協議会」発足させた。

 これまで老朽化した建物については、応急的に修復を行ってきたが老朽化が進み、今後の管理が厳しい状況となって、建物の新築や改築が急務となり今回の期成会発足となった。

 今後のスケジュールは、7月~10月にかけて建物の実施計画書(設計図案)と工事見積書の作成を行う。

 2019年11~12月に備品の整理と概算費用の見積書、関連施設の概算費用の見積書作成を予定している。

 工事着工は、20年4月で完成は21年の2月。記念式典と祝賀会を同年3月に予定している。

 また、同事業に伴う寄付の呼び掛けを来月からスタートさせる。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!