05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2018年7月14日(土)9:00

宮古17年度 犬の咬傷事故37件

県内最多、放し飼い要因/保健所「実際はもっと多い」


犬による咬傷事故

犬による咬傷事故

 県宮古保健所が発表した2017年度の管内における「狂犬病予防業務および動物愛護管理業務データ」によると、犬による咬傷事故件数は37件で、那覇市などを含む沖縄本島全体の36件を上回ったほか、沖縄本島、八重山を加えた県全体(97件)の38%を占めていることが13日までに分かった。同保健所では咬傷被害のほとんどは病院側からの報告で、実際はもっと多いと見ている。「宮

咬傷犬の状況

咬傷犬の状況

古は野犬や放し飼いの犬も多い。飼い主の意識の高揚が必要」と話している。

 同所の推計によると、県内における人口1万人当たりの咬傷事故件数は、宮古が6・6件で最多。沖縄本島の0・3件、県全体の0・7件を大幅に上回っている。

 また、同所管内における同年度の咬傷犬の総数は41頭で、前年の28頭を13頭上回っている。

 このうち、発生時係留犬は28頭。飼い主不明・野犬は15頭で、狂犬病予防注射接種済みは9頭となっている。

 同所管内の17年度における犬の新規登録数は、307頭となり、2年連続で300頭を超えている。

 島内の登録頭数2524頭のうち、狂犬病予防注射の実施頭数は1550頭で接種率は61%となり、4年ぶりに60%を超えている。

 そのほか、犬猫に関する苦情相談件数も17年度は1722件となり、前年度の942件から大幅に増加している。

 このうち、野犬取締まりが290件(前年度・177件)、放し飼い犬取り締まりが260件(同・172件)、犬猫の引き取り依頼が126件(同・48件)などとなっている。

 こうした宮古の現状について、同所では「放し飼いや野犬の問題など宮古は多くの課題がある中で、飼い主の『しつけ』にも問題がある」と指摘。宮古の咬傷被害のうち、飼い主がかまれるケースも多いとした上で「沖縄本島では最近、飼い主の愛犬に対する『しつけ』がしっかりしてきたこともあり、咬傷被害も減ってきている」と述べ、飼い主の意識の高揚を求めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!