05/29
2024
Wed
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2018年8月7日(火)8:59

車で集落パレード/伊良部仲地の宮国時子さん

盛大にカジマヤー祝い


祝賀パレードでオープンカーから手を振る宮国時子さん=5日、伊良部仲地

祝賀パレードでオープンカーから手を振る宮国時子さん=5日、伊良部仲地

 97歳の長寿を祝う「カジマヤー」が5日、伊良部仲地で行われた。集落をオープンカーでパレードしたほか、招待客約500人がご馳走や泡盛を酌み交わしながら盛大に祝った。

 カジマヤーを迎えたのは宮国時子さん。家族や周囲の人たちからは「時子おばあ」と呼ばれ、親しまれている。
 時子さんは足腰と耳が不自由なため、現在は施設で暮らしているが、至って元気だ。

 9人の子どもをもうけ、現在では孫27人、ひ孫40人、やしゃご1人。この日は、神奈川や兵庫などから孫、ひ孫らが祝いに駆け付け、時子さんを喜ばせた。

 健康の秘訣を「芋が大好きで、子や孫に可愛がってもらっているから。旧正月や旧盆がいつも楽しみ」とユーモアたっぷりに話した。

 祝賀パレードは正午すぎに自宅を出発。花で飾り付けられた白のオープンカーには時子さんのほか、長男の哲雄さん、6男の時義さんと嫁の久美子さんが同乗した。

 時子さんは、長寿にあやかろうと沿道に集まった地域の人たちに手を振りながら笑顔を振りまいた。

 孫の宮国真理子さん(43)は「子どものころから、時子おばあにはいっぱい可愛がってもらった。大らかで何事にも頑張る性格。私も見習いたい」と語った。

 祝宴では自宅前の道路に五つのテントを張り、招待客を出迎え。家族や地域の人たちが総出でつくった料理などを振る舞った。

 招待客の一人は「昔は地域を挙げて盛大にカジマヤー祝いをしたが、最近は家族や親せきなどで行うのが多くなった。長寿は地域の宝だ」とうれしそうだった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!