05/29
2024
Wed
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2018年9月9日(日)8:55

地域挙げ長寿祝福/久貝自治会敬老会

「健康で心豊かな人生を」


参加者の健康と長寿を乾杯で祝った=8日、久松公民館

参加者の健康と長寿を乾杯で祝った=8日、久松公民館

 平良の久貝自治会(渡真利善信会長)の第95回敬老会が8日、久松公民館で行われた。最高齢の男性93歳の渡真利浩さん、根間太郎さん、女性98歳の長濱マツさんら敬老会員の長寿を、盛大に祝った。式典では久貝老人会の與那覇諭会長、宮古島市議会の佐久本洋介議長らの音頭で乾杯し、敬老会員109人(男性46人、女性63人)の長寿と健康を祝した。今年の敬老会新入会員は男性4人、女性1人の計5人。久貝の敬老会は1915(大正4)年に第1回が開催されたと記録に残っているという。

 渡真利会長は「長寿の地域で今後も、豊富な知識と貴重な生活経験を語り継ぎ、自治会発展に寄与していただき、健康で心豊かな人生を明るく過ごされながら、後輩のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします」とあいさつした。

 来賓として出席した長濱政治副市長は「わたしも久貝の住民。昨年、敬老会の仲間入りをした。後輩ができたことをうれしく思う。このように盛大なお祝いは素晴らしい。さらに会員相互の絆を深め、自治会が発展することを願う」と祝辞を述べた。

 新入敬老者を代表して宮国恵人さんが「敬老会に参加するに当たり、これまで多くの先輩方にいろいろなことを教わり、後輩たちにもいろいろお世話になったことに感謝する。伝統ある久貝自治会の敬老会を喜びたい」とあいさつした。

 祝賀会は與那覇郁代さんと平良命子さんによる「トーガニアヤグ」で幕を開けた。久松小学校5年生23人によるリズムダンスや一条流の松原綾子さん、玉元恵子さんによる舞などが披露され、会場からは大きな拍手が湧いた。

 来賓らの音頭による乾杯が続き、参加者の健康と長寿を祝うと共に祈念した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!