05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2018年9月26日(水)8:56

「地域の守護神」新たに

下里添神社落成祝う/城辺上区


改築が完了した神社へ玉串を奉納し向こう一年間の豊年を祈願する自治会役員ら=24日、下里添神社

改築が完了した神社へ玉串を奉納し向こう一年間の豊年を祈願する自治会役員ら=24日、下里添神社

 改築工事が行われていた城辺の上区公民館敷地内にある下里添神社の落成式が24日、上区自治会共進会・豊年祭開催前に行われた。多くの地域住民や在沖上区郷友会員らが参加し、「地域の守護神」として親しまれてきた神社の改築完了を盛大に祝うとともに、玉串を奉納して向こう一年間の豊年を願った。

 同神社は老朽化や台風被害により損傷していたことから、2017年4月に上区自治会の総会で神社整備期成会の設立を決定。同年11月に期成会を設置して寄付金を募る活動に取り組んできた。

 神社拝殿の正面には「雲が空に流れ動いて雨が降り、万物を潤して恩恵を施すこと」を意味する「雲行雨施(うんこううし)」という言葉が掲げられている。

 落成式で下里添神社整備期成会の松川光雄会長は、多くの人たちの協力により神社の改築が行えたことを報告し、謝意を表明。「宮古島には90カ所前後の集落が点在しているが、公民館敷地内に地域の守護神として神社を祭っているのは上区自治会だけだと思っていて、先人たちの偉大さを感じている」との考えを示し「神社は上区地域住民の心のよりどころであり、今後も豊作に恵まれ、互いをたたえ合い、永遠の平和が続くことを祈念している」と語った。

 神社改築への高額寄付者や工事関係者に松川会長から感謝状が贈られたほか、在沖上区郷友会の松川久仁男会長から期成会へ寄付金が贈呈された。

 落成式終了後、神社で豊年祈願祭礼拝式が行われ、自治会役員や関係者が玉串を奉納して向こう一年間の豊年を祈願した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!