04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2019年1月16日(水)8:57

1年間の無病息災願う/宮古神社でどんど焼き

持ち込まれたお守りやお札は塩で清められ煙となって昇天した=15日、宮古神社

持ち込まれたお守りやお札は塩で清められ煙となって昇天した=15日、宮古神社

 正月飾りなどを燃やして向こう1年の健康を願う「どんど焼き」が15日、宮古神社で行われた。奧間寛次神主がお守りやお札などに火を付け、1年間の無病息災を願って煙が昇天するのを見守った。

 「どんど焼き」は小正月の1月15日に行われる毎年恒例の行事。奧間神主がおはらいや祝詞を読み上げるなど祭祀(さいし)を行った。

 境内の一角には市民から持ち込まれた破魔矢や古神札などが積み上げられ、奧間神主の点火で燃え上がり塩をまいて清めた。

 同神社では神社で購入したお守りやお札、熊手などの縁起の良いものをどんど焼きで処分している。

 奧間神主は「一般の店で買われた門松やしめ縄などは受け付けていないので持ち込まないでほしい。各家庭でごみの分別をして処分して」と呼び掛けた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!