02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
社会・全般
2019年4月7日(日)8:59

津波よけ、豊年願う/城辺砂川

上比屋で「ナーパイ」/アーグやクイチャー奉納


元気よくクイチャーを踊って奉納した=6日、城辺砂川

元気よくクイチャーを踊って奉納した=6日、城辺砂川

 津波よけを願う伝統祭祀「ナーパイ」が、旧暦3月初めの酉(とり)の日に当たる6日、城辺砂川地区の上比屋(ウイピャー)山とその周辺で古式にのっとって行われた。参加した女性たちは、ダティフ(和名ダンチク)を潮が上がる境界線に突き刺し結界とし、その結界から津波が上がって来ないように願った。円陣でクイチャーを奉納し、災害のない実り多い豊年に感謝した。

 女性たちは、上比屋山の頂上部にあるマイウイピャームトゥの祭場に集まり、ナーパイ・アーグなどを唱えた。その後一列になって山を下りながら、古くから伝わる特定の場所にダティフを立てた。

 海岸では輪になり、ユークイ・アーグ(豊饒を乞う歌)に合わせて踊りを奉納した。

 女性たちが下山で儀式を執り行う中、祭場に残る男性たちは船をこぐ真似をして、津波がこの地を襲わないように願った。

 祭祀を執行するうるか自治会長の饒平名健二さん(60)は「今後も若者たちに伝統行事を継承していく。ナーパイが無事終え、良かった」と笑顔で話した。

 松元直美さん(52)は、孫の前里碧来さん(上野小3年)と當眞りおんさん(同)、孫の友達の砂川のぞみさん(砂川小1年)と一緒に参加した。松元さんは「孫たちが楽しそうだったので、とても良かった」と感想を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!