05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2019年5月10日(金)9:00

GWごみ搬入量550トン/市クリーンセンター

昨年を大幅に上回る/連休利用し徹底掃除?
自己搬入が増える


10連休期間中に多くのごみが搬入されたクリーンセンター

10連休期間中に多くのごみが搬入されたクリーンセンター

 10連休となった今年のゴールデンウイーク(GW)期間中、市のクリーンセンターに搬入されたごみの量は550トンで、昨年のGW期間中(4月28~5月6日までの9日間)の408トンに比べ142トン増加している。長期休暇を利用して、家や庭の掃除や片付けをしたことなどが要因ではないかと見られている。

 今年は、特に自己搬入ごみの量の増加が目立っており、前年の52トンに比べて今年は80トンとなり、28トンも増加している。

 そのうち、粗大ごみは約34トンとなり、前年の約23トンの1・5倍となっている。さらに、粗大ごみの搬入台数も417台となり、18年の290台に比べ127台増えている。

 同センターは「今年は10連休で帰省した人たちが長い休みの期間中に実家の片づけなどを行い、そこで出た粗大ごみを持ち込んだケースもあったと思う」と話した。

 今年は10連休中に元号も「平成」から「令和」となり、新しい時代の到来を心地よい環境で迎えようとの思いも今回の搬入量増加に影響したようだ。 

 さらに今年は、同センター内におけるリサイクル棟の稼働により、これまで伊良部のリサイクルセンターで処理していたペットボトルやカン類が持ち込まれ、その搬入量が昨年に比べ増えたことも要因としている。

 カンは550キロから810キロ、ペットボトルは80キロが560キロと、それぞれ大幅に増えている。

 そのほか、自己搬入のごみにおける可燃ごみについても前年の28トンから44トンに大幅増となっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!