05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
社会・全般
2019年6月16日(日)8:56

「吐水龍頭」見つかる/城辺比嘉

80年前に行方不明の石像


発見者の砂川さんは、かつて樋川の奥にあった吐水龍頭を使って説明した=15日、比嘉集落

発見者の砂川さんは、かつて樋川の奥にあった吐水龍頭を使って説明した=15日、比嘉集落

 城辺の比嘉集落東方にある頂上からこのほど、約80年前から行方が分からなかった石造りの吐水(とすい)龍頭が見つかった。比嘉自治会の砂川雅一郎さん(70)が頂上で草刈り中に確認した。砂川さんは15日、「龍頭の古い写真を持っている方は連絡してほしい。原形の姿を確認したい」と呼び掛けている。

 現在のウプカー(大泉)の古名は樋川と呼ばれ、樋川が比嘉部落の比嘉の語源とされる。

 砂川さんは「大正7年生まれの父は、生前『大正時代に比嘉排水路トンネル工事を行う際に、工事現場付近に衛生的な飲み水がなかったため、樋川から臨時の水道管を通して水を利用した。その時に龍に似た石像は撤去されたようだ。湧水が流れる出口に石造りの樋があって、その樋の上に石像は置かれていたという』と話していた」と回想する。

 同トンネル工事は1933(昭和8)年3月に着工され、37年7月に完成した。トンネルの長さは約1000メートル。完成後、吐水龍頭が元の位置に戻されることはなかった。

 昔から龍は水をつかさどる神、シーサーは火を鎮める神としてあがめらている。

 確認された吐水龍頭の鼻や口などは欠損。頭頂は龍をイメージしたウロコが刻まれている。材質は琉球石灰岩と思われる。高さ約35センチ、最大幅と横の長さともに約28センチ。重さ35キロ前後。製作者や製作年代などは不詳。

 連絡先・問い合わせは砂川雅一郎さん(電話090・3075・1557)まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!