05/28
2024
Tue
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2019年6月25日(火)8:57

祭り彩る紅白カマボコ/きょう多良間スツウプナカ

祭りで使う紅白のカマボコ作りを行うクバン座=24日、多良間仲筋

祭りで使う紅白のカマボコ作りを行うクバン座=24日、多良間仲筋

 【多良間】多良間島の伝統行事「スツウプナカ」が25日、「ナガシガー」など村内4カ所の祭場で行われる。本番前日の24日、周辺の海で各海人座が網漁で捕った魚がクバン座に運び込まれ、手作りの紅白カマボコなどに料理され、準備万端となった。

 各海人座は供え用の魚を網漁で捕り、神様にささげる用の魚は、若いススキの葉で編んだ綱をエラから口に通し数匹をひとまとめにして、海水でうろこなどを取り除いた。

 この日の深夜には、神歌(ニィリ)を長老が歌い、酒を酌み交わす「暁の願い(アカツキニガイ)」が行われる。「ヤッカヤッカ」のはやしを響かせながら木製の角皿から神酒を回し飲み、五穀豊穣(ほうじょう)や集落の繁栄を願う。

 スツウプナカは八月踊りと並ぶ島最大の行事。1983年に多良間村の無形民俗文化財に指定されている。ナガシガー、フダヤー、パイジュニ、アレーキの計4カ所の祭場で行われ、島は祭り一色に染まる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!