05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2019年8月14日(水)9:00

先祖迎え家族の健康祈る/旧盆入り

各家庭で「ンカイ」/仏壇にごちそうや果物供え


仏壇に手を合わせて先祖を迎えるとともに家族の健康を祈った=13日、下地川満の友利さん宅

仏壇に手を合わせて先祖を迎えるとともに家族の健康を祈った=13日、下地川満の友利さん宅

 旧盆入りの13日夜、市内の家々では亡くなった人たちの世界とされる後世(グソー)から先祖の霊を迎えた。「ンカイ(迎え)」は家族や親戚らが集まり、ごちそうや果物、先祖のつえとされるサトウキビなどを供えた仏壇に手を合わせて、家族の健康と子孫繁栄を祈った。

 下地川満の友利安男さん(83)宅には長男の勝人さん(56)の家族ら合わせて10人以上が集まり、先祖を迎えた。友利さんは「子や孫たちが一同健康で過ごせるようにと先祖に願った」と話した。妻のアイ子さん(83)は「みんなが元気でいられますように。そして大好きなゲートボールの試合で勝てるようにお願いした」とほほ笑んだ。勝人さんは「友利家の家族は本土や沖縄本島でも頑張っている。おじいを先頭にみんなが元気で過ごせるように」と話した。

 旧盆は旧暦7月13日から15日までの3日間行われる。2日目の14日は「ナカビ(中日)」、15日は最終日の「ウフイユー(送り日)」。15日は上野宮国で伝統の大綱引きが行われ、勇壮に先祖を送る。今年は本土の新盆(8月13日から15日)と重なっており、宮古空港は島外からの帰省客と観光客でごった返した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!