04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2019年10月16日(水)8:55

神歌に合わせ踊り奉納/伊良部南区で「ユークイ」

旧年中の五穀豊穣に感謝


楽しく踊りを奉納する参加者たち=14日、伊良部の長浜御嶽

楽しく踊りを奉納する参加者たち=14日、伊良部の長浜御嶽

 伊良部南区の長浜、仲地、佐和田、国仲の4集落で14日、伝統の豊年祭「ユークイ(世乞い)」が執り行われた。4集落の住民らは、各集落に縁のある御嶽(うたき)で、旧年中の五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、来期の豊年満作、無病息災を願った。

 ユークイの「ユー」は富、富貴、実り多い豊かな世などの総称。「クイ」は神に乞い願う意味。


女性たちは着物の裾を軽く持ち上げ「ユー」を招き入れる所作を繰り返した=14日、伊良部の仲地御嶽

女性たちは着物の裾を軽く持ち上げ「ユー」を招き入れる所作を繰り返した=14日、伊良部の仲地御嶽

 仲地御嶽では、神に仕える女性のツカサ(司)を中心に輪を作り、神歌や民謡に合わせて歓喜の踊りを奉納した。

 住民や来賓の男性たちは敷物の上で車座となり、神酒を回して飲んだりした。

 長浜自治会の立津義一会長(72)は「伝統を継承し発展させてきた。これからは若者たちが継承し、ユークイを続けてほしい」と期待を込めた。

 長浜青年会の羽地竜信会長(34)は「ユークイの知識を深め盛り上げたい」、長浜に住む久貝久雄さん(76)は「皆が一堂に会したので最高の気分」とそれぞれ笑顔だった。

 仲地御嶽では、神女役の女性たちが円陣を作り、両手で着物の裾を軽く持ち上げて「ユー」を招き入れる所作を繰り返した。

 ツカサシュウ(司主)と尊敬される渡久山照夫さん(66)は、12月末で任期満了の3年を迎えるという。「その時まで心を込めて神歌を唱えたい」話した。

 伊良部南区には五つの集落があり、伊良部集落は神女役のツカサのなり手がいないため、豊年祭「ユークイ」は休止している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!