06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
ニュースウィークリー
2017年6月18日(日)9:01

【ニュースウィークリー】6月11日~6月17日.

人口増、福祉向上に全力/伊良皆陣営が総決起大会

 任期満了に伴う多良間村長選挙(20日告示、25日投開票)で、現職伊良皆光夫氏(62)の後援会が10日午後、村コミュニティー施設で総決起大会を開いた。多くの支持者を前に伊良皆氏は「人口減対策、福祉の向上、水の問題などやるべきことがたくさんある。これらを実現するためにも力を貸してほしい」と述べ、支持を訴えた。(6月11日掲載)

新店舗の落成祝う/JAおきなわ下地支店

 JAおきなわ下地支店の新店舗落成オープニングセレモニーが12日、下地字洲鎌の同支店で行われた。式典では同施設の前で関係者によるテープカットが行われ、新しく生まれ変わった地域住民と生産者組合員の拠点施設の完成を祝った。(6月13日掲載)

世界王者の比嘉凱旋パレード/3000人が祝福

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で宮古工業高卒の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム=が11日、「第二の故郷」宮古島市に凱旋した。パレード会場の西里通りには約3000人(主催者発表)が訪れ、比嘉の快挙を祝して世界王座奪取の喜びを分かち合った。市民報告会や祝賀会も催され、いずれの会場も「大吾」一色だった。(6月13日掲載)

松川晋さんが県農協理事長賞/宮古地区子牛共進会

 宮古和牛改良組合主催の2017年度6月期宮古地区子牛共進会が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。平良・城辺・上野・下地支部から選抜された優秀な子牛と伊良部支部からの子牛を含めた62頭が出品された。特別賞の県農業協同組合理事長賞には松川晋さん(城辺)所有の「ちかこ号」が選ばれた。(6月14日掲載) 

全体事業費8億円余/伊良部大橋橋詰め広場

 伊良部大橋の伊良部側たもとの空間を整備する橋詰め広場計画で、全体の事業費は用地買収も含め約8億6000万円に上ることが14日、明らかになった。県は今年度から造成工事に着手する予定で市は、その進ちょく状況を見ながら2019年度をめどに「地域振興施設」を整備する計画だ。開会中の市議会一般質問で、佐久川豊正伊良部支所長が答えた。(6月15日掲載)

累計利用人数は1万2000人/JTAドーム2カ月間

 開会中の市議会の6月定例会は15日、一般質問2日目が行われ、前里光健氏が4月に供用開始となったJTAドーム宮古島の利用状況について説明を求めた。当局によると4、5月の累計利用人数は個人利用も含めて約1万2000人となっている。(6月16日掲載)

村民目線の行政を誓う/下地陣営が総決起大会

 任期満了に伴う多良間村長選挙(20日告示、25日投開票)への立候補を表明している前職下地昌明氏(65)の後援会が15日、同村塩川の塩川集落センターで総決起大会を開いた。多くの支持者を前に下地氏は「村民目線の行政運営を進め、職員とのコミュニケーションと友愛を重ね、八つの公約を実現する」と述べ、最後までの支持を訴えた。(6月16日掲載)

宮古島署巡査長を那覇地検に書類送検/青少年育成条例違反容疑

 県警は16日、当時17歳の少女に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、宮古島署の巡査長(26)を県青少年保護育成条例違反の容疑で5月30日に那覇地方検察庁に書類送検したと発表した。巡査長は16日に那覇簡易裁判所で30万円の罰金刑が言い渡され、県警は停職1カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日、罰金を納付し依願退職した。(6月17日掲載)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!