05/16
2022
Mon
旧暦:4月16日 先勝 己 
ニュースウィークリー
2019年7月7日(日)8:54

【ニュースウィークリー】6月30日~7月6日.

沖縄地方梅雨明け/平年比6日遅く

 沖縄気象台は29日、沖縄地方は梅雨明けしたと見られると発表した。平年より6日遅い。梅雨入りは5月16日だった。梅雨期間の降水量は平年の約7割、202ミリだった。(6月30日掲載)

新しい組合長に伊良波氏を選出/伊良部漁協

 伊良部漁協理事会は29日午後、市海業支援施設で互選会を開き、新しい組合長に伊良波宏紀氏(45)を選んだ。任期は3年。伊良波氏は、これまで監事を2期務めた。今期理事選挙に立候補し、21日に無投票当選を決めている。(6月30日掲載)

外国人観光客の対応アドバイス/専門家が講演

 宮古島市入域観光客数100万人突破記念事業として「新・観光立国論」などの著者のデービッド・アトキンソン氏を招いた宮古島講演が30日、市内のホテルで開かれた。アトキンソン氏は外国人観光客の必要性について説明するとともに、多くの外国人観光客に来てもらうためにはカスタマーエクスペリエンス(感覚的、感情的な付加価値)を向上させる必要があると訴えた。(7月2日掲載)

たぶろう展で総理大臣賞受賞/西里恵子さん

 市城辺在住の画家・西里恵子さんが第54回全国公募たぶろう展(たぶろう美術協会主催)で最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞した。宮古島市では初の受賞で、作品のタイトルは「オーロラとマムヤ」。油絵で城辺保良に伝わる悲恋の美女「マムヤ」をテーマに描いた。(7月2日掲載)

自動車税納期内納付率89・4%/宮古、過去最高

 県宮古事務所県税課はこのほど、5月31日が期限だった2019年度自動車税の納期内納付状況を発表した。納付率は前年度より0・7ポイント上昇の89・4%となり、過去最高を更新した。さらに、県平均(88・3%)も1・1%上回った。(7月3日掲載)

高級ホテル開業、南西楽園が運営/20日にシギラ

 南西楽園リゾートが運営するホテルズ&リゾート「シギラリゾート」内に「ホテルシギラミラージュ」が今月20日、グランドオープンする。同ホテルは高層のベイサイドとヴィラタイプのヒルサイドの二つの異なる特徴を持つ建物で構成されており、シギラリゾート最上級ブランドのシギラを冠した「ザシギラ」に次ぐラグジュアリーホテルとなっている。(7月3日掲載)

ジェットスター関西直行便就航/下地島空港

 下地島空港への国内定期2路線目となるジェットスター・ジャパンの大阪(関西)―宮古(下地島)線が3日、就航した。下地島空港では歓迎行事が開かれ、乗客に就航記念の品が配布された。下地島空港の民間利用拡大に伴う一層の観光振興が期待される。(7月4日掲載)

元なでしこの宮間選手指導/サッカー教室

 元サッカー女子日本代表で、ワールドカップを制するなど大活躍した宮間あや選手を招いたサッカー教室が3日、JTAドーム宮古島で行われ、将来のなでしこ入りを目指す島の子供たちに世界トップクラスの技術を披露しながら、サッカーの楽しさや魅力を紹介した。(7月4日掲載)

新規の患者は紹介状が必要/宮古病院整形外科

 県立宮古病院は、今月8日から整形外科外来の受け付けを変更することを決定した。新規患者はかかりつけ医療機関の紹介状が必要となる。骨折など緊急性がある患者はこれまで通り対応する。同病院は4日、会見を開いて発表した。(7月5日掲載)

参院選が公示、4人が届け出/沖縄選挙区

 第25回参議院選挙が4日公示され、沖縄選挙区では届け出順で前シンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)=自民公認、公明、維新推薦=、琉球大学名誉教授で「オール沖縄」側が推す高良鉄美氏(65)=無所属=らの、いずれも新人4人が立候補を届け出た。選挙戦は、安里氏と高良氏による事実上の「一騎打ち」の構図。投開票日は21日。(7月5日掲載)

海水を飲料水に陸自が浄水訓練/防災訓練向け

 陸上自衛隊宮古警備隊は5日、9月の市総合防災訓練に向けて、海水を飲み水に浄水する訓練を平良港トゥリバー地区で実施した。訓練はトラックに備え付けた浄水セットを持ち込み、海水をくみ上げて浄水し、市のタンク車に注水した。タンク車に入った水を見学していた市民らが試飲した。(7月6日掲載)

宮古産マンゴー、パイン全国出荷/宮古郵便局

 宮古郵便局の「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が5日、同郵便局で行われた。職員や生産農家、県、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜びながら、さらなる消費拡大に期待を寄せた。(7月6日掲載)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!