04/24
2024
Wed
旧暦:3月16日 赤口 戊 
教育・文化
2021年11月23日(火)8:59

優雅な舞いで観客魅了/宮古婦連

演芸会2年ぶり開催/舞踊で人と心つなぐ

 

2年ぶりの演芸会開催は役員による「とうがにあやぐ」で幕開けした=21日、マティダ市民劇場

2年ぶりの演芸会開催は役員による「とうがにあやぐ」で幕開けした=21日、マティダ市民劇場

第54回婦人の演芸会(主催・宮古地区婦人連合会)が21日、2年ぶりにマティダ市民劇場で開催された。「人と人、心と心をつなぐ地域婦人」をテーマに、各地の婦人会や賛助出演団体が琉球舞踊や創作舞踊などを次々と披露。会場には多くの観客が訪れ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催できなかった昨年の分も含めて楽しい時間を過ごした

今年の演芸会も、宮古地区婦人連合会役員による「とうがにあやぐ」で幕開け。優雅な舞いを披露し、観客を魅了した。

下地校区は華やかな衣装で「東京ブギウギ」を披露し、フィリピンダンスGもきらびやかな衣装で元気いっぱいのダンスで会場を盛り上げた。

そのほかにも、伊良部校区の与那嶺なるみさんの方言による「岸壁の母」は、途中で少し間違ったことも笑いに変えるなど、芸達者な与那嶺さんに大きな拍手が送られた。

主催者を代表して島尻清子会長は「昨年は新型コロナの影響で開催できなかった。厳しい社会状況が続く中、感染対策をしながらこの日のために練習してきた。美しい衣装と演舞に対して大きな拍手をお願いしたい」と呼び掛けた。

そのほかにも座喜味一幸市長や大城裕子教育長からもあいさつが寄せられ、それぞれの地域で活躍する婦人たちのさらなる飛躍に期待を寄せた。

同連合会は、豊かな地域づくり、婦人の資質向上を目指し男女共同参画社会への発展を目標に、地域に根ざす活動を展開している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!