05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
産業・経済
2021年12月5日(日)9:00

葉タバコの豊作祈願/生産農家が播種式

13戸が作付け廃止、60㌶減/城辺地区22年産

 

丁寧に種をまき、豊作を願った=4日、城辺の育苗ハウス

丁寧に種をまき、豊作を願った=4日、城辺の育苗ハウス

2022年産葉タバコの播種(はしゅ)式が4日、城辺地区で行われ、生産農家やJAの関係者らが豊作を祈願して種をまいた。同地区の生産農家数は17戸、栽培面積は78・7㌶。目標反収(10㌃当たり収量)は226㌔で、前期以上の豊作を目指す。

同地区は市内最大の生産地だったが、日本たばこ産業(JT)が廃作希望者を募集したことで13戸が作付け廃止に応じた。これにより栽培面積は60㌶減少したという。

城辺地区の播種式は、城辺の育苗ハウス前で行われた。開始セレモニーを終えると、ハウス内に移動し、小さな種を混ぜ合わせた砂を苗床に丁寧にまいた。

城辺葉たばこ生産振興会の砂川祐輔会長は「大豊作になって、栽培が終わった後に笑顔になれるようにしよう。全員が目標反収を超えるように頑張ろう」と話した。

JAおきなわ城辺支店の砂川浩美支店長は「昨年度を上回る大豊作を祈念する。栽培技術を駆使してそれぞれの目標を達成してほしい。JA城辺支店としても皆さんを全力で支えたい」と激励した。

宮古地区全体の葉タバコの前期実績は、収量が1008㌧、販売額は21億5400万円だった。反収は234㌔。やや干ばつ傾向だったが作柄は平年並み、栽培面積が縮小したが重量、販売額ともに増加した。

平良や上野など他地区では、すでに播種を終えている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!